ひきこモシリフューチャーセッション事業報告書

平成27年度公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団助成金事業「在宅ケアにあるひきこもりの家族関係修復事業 ひきこモシリフューチャーセッション」報告書が完成いたしました。
高齢化する家族やひきこもり当事者の今後の生き方、特に家族関係の修復に焦点を当て、安心してひきこもり当事者が生活していくための相互対話を行なうひきこモシリフューチャーセッション」が、2015年10月24日に開催されました。報告書では、同セッションの内容をはじめ準備から開催に至るまでの過程、事後評価アンケート調査結果がまとめられています。
A4判全28頁が2016年3月に発刊されます。現在先行予約を受け付けています。
部数に限りがありますのでなくなり次第終了します。

ひきこもりピア・サポーターによる手紙を活用した効果的なアウト・リーチ実践研究報告書

平成27年度公益財団法人日本社会福祉弘済会社会福祉助成事業として、1年間にわたり、ひきこもり当事者に毎週手紙(絵葉書)を送付してきた実践内容の報告と利用者44名に対して実施したアンケート集計の結果を掲載。
(A4版モノクロ・全22ページ)
ご希望の方には、郵送代のみ一冊500円にて配布いたします。郵便振替口座に送り先の住所・氏名・電話番号を明記のうえ、お支払ください。確認後、郵送にて発送いたします。

北海道中高年ひきこもり就労準備支援事業理解啓発リーフレット

平成27年度北海道新聞社会福祉振興基金助成金「北海道中高年ひきこもり就労準備支援事業理解啓発リーフレット」全8頁A3判A4二つ折り中綴じ製本が完成しました。希望者には配布していきます。

北海道ひきこもり芸術展in札幌 報告書

さまざまな潜在能力をもつひきこもり者が地域社会のなかで埋もれることなく彼らの特性を活かした社会参加の方法が求められています。

本書はそうした彼らの芸術的(Art)センスや独創的な感性を活かす取り組みとして
① 自分を文章にて表現し、ひきこもりの思いを言語化していくユニークな広報づくり、
② ひきこもりの芸術的なセンスを活かせるチャンネルとしてのモノづくり、
③ 自分の心のレンズをもって社会の盲点を映し出すフォトグラフやイラストづくり
の各部門による創造的社会参加活動を促進し、① から③までの成果を全国初となる2014年全労済地域貢献助成金「ひきこもり当事者参画型創造的社会参加促進事業:北海道ひきこもり芸術展in札幌」をギャラリーにて一般公開いたしました。そのプロセスの全貌を全4章21頁にわたりまとめたものです。

ひきこもりという言葉のもつイメージを変える企画として多くの方々にご覧いただきたいと思います。 部数に限りがあるため先着順、なくなり次第終了します。ご希望の方には、郵送代のみ一冊500円にて配布いたします。 下記の郵便振替口座に送り先の住所・氏名・電話番号を明記のうえ、お支払ください。確認後、郵送にて発送いたします。

平成26年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業
北海道ひきこもり居場所支援プログラム開発事業報告書

地域のひきこもり者にとって必要な、彼らが何回でも安心して失敗や経験を積むことが保障される居場所は現時点いかなる社会福祉制度にも位置づけられていません。今日の居場所が「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」でも「中間的・過度的な集団との再会段階」としてひきこもり支援上重要な段階の一つに提示されているにもかかわらず、居場所の概念そのものが非常に広範囲なものであることに加え、具体的な支援内容や方法論については説明されていませんことから、ひきこもり者にとって本当に意義ある居場所支援を見出していくことを目的に実施しました。
本事業内容は大別して、⑴北海道内でひきこもり居場所支援を行なう団体への郵送調査とフィールドワーク(現地調査)、⑵北海道旭川市、埼玉県、和歌山県の先駆実践例に学びながら支援団体間で直面する様々な困難を出し合う事例検討会、⑶モデル事業としての「道産こもり179大学」開催とし、北海道におけるひきこもり居場所支援の課題や今後の方向性について理論と実践の両面から考察を行ないました。
本書はA4判全101頁。ご希望の方には、郵送代のみ一冊500円にて配布いたします。下記の郵便振替口座に送り先の住所・氏名・電話番号を明記のうえ、お支払ください。
確認後、郵送にて発送いたします。
郵便振替
口座番号:02700-4-66261
名義:レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク

ひきこもり地域拠点型アウト・リーチ支援事業報告書 品薄・お早めに

平成25年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成金事業「ひきこもり地域拠点型アウト・リーチ支援事業報告書」を発刊いたしました。本報告書は、札幌市と旭川市をモデルに事業を展開し、ひきこもり支援のニーズが高いアウト・リーチ支援のあり方について調査研究を行なうとともに、本事業のかなめとなるひきこもりピア・サポーターの役割などにも言及し、地域というメゾ・レベルに基盤を置き個別訪問支援というミクロ・レベルに接近し、かつ社会変革というマクロ・レベルにアクションするという実践体系を支える「ひきこもり地域拠点型アウト・リーチ支援」の有効性を明らかにしたものである。A4判全83頁。
ご希望の方には、郵送代のみ一冊500円にて配布いたします。下記の郵便振替口座に送り先の住所・氏名・電話番号を明記のうえ、お支払ください。
確認後、郵送にて発送いたします。

画像をクリックすると表紙画像をPDFにて表示いたします。

郵便振替
口座番号:02700-4-66261
名義:レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク

苦労を分かち合い希望を見出すひきこもり支援-品切れ・配布終了

5月23日東京・学苑社から田中敦「苦労を分かち合い希望を見出すひきこもり支援-ひきこもり経験値を活かすピア・サポート」1,800円税別A5判全156頁が出版されます。当法人でもこれに併せて100部先着順のみ、税抜価格にて配付します。法人活動にすべて寄付金として処理しますので、希望する方がいましたら、メール等でご連絡ください。なお郵送の場合は別途送料がかかります。

平成24年度「北海道ひきこもり生活支援ガイドブック」を出版いたしました。

平成24年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業「北海道ひきこもり生活支援ガイドブック」を出版いたしました。
北海道内14振興局を拠点に12箇所にて集会を開催し、ひきこもり者とその家族から貴重な意見等を集約しました。
全国的に見ても、地域に赴き、実際ひきこもりに悩んでいる人たちから調査収集したものは見当たらず、ひきこもり経験者が主体的に取り組んだ
先駆的な事例として広く活用されることを願っています。
ご希望の方には、郵送代のみ一冊500円にて配布いたします。下記の郵便振替口座に送り先の住所・氏名・電話番号を明記のうえ、お支払ください。
確認後、郵送にて発送いたします。
郵便振替
口座番号:02700-4-66261
名義:レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク

「北海道ひきこもり支援ハンドブック」品薄・お早めに
自助グループ「SANGOの会」運営事業:ひきこもりと共に歩む-体験談集録-品切れ・配布終了

公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団並びに財団法人 北海道新聞社会福祉振興基金の助成事業である標記刊行物は、4/16から配布していきます。当団体に役立てるため、送料手数料のみ一冊各500円です。 ただいま、受付中です。入金確認後発送。
郵便振替
口座番号:02700-4-66261
名義:レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク

ひきこもり経験者参画型「ひきこもり」理解啓発セミナー集録 注文受付中

財団法人日本社会福祉弘済会助成金事業で2011年11月12日に行われた標記セミナーの集録冊子が発刊されました。A4判全32頁。3/21から配布していきます。 当団体に役立てるため、送料手数料のみ一冊500円です。 ただいま、受付中です。入金確認後発送。
郵便振替
口座番号:02700-4-66261
名義:レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク