電子居場所併設型ひきこもり地域支援拠点運営事業

掲載日:2021.07.01

当事者会が未設置である札幌圏3地域(小樽市・江別市・苫小牧市)にサテライト型の居場所づくりを実施いたします。今年度は新型コロナ禍に対応した電子機器を活用した居場所運営を心掛け、地域に潜在化するひきこもり当事者とその家族が適切な支援につながるよう、安心安全な事業の拡充をすすめていきます。毎回ひきこもり体験を有するピアスタッフによる話題提供及び参加者同士の対話交流事業を行います。今年度は新型コロナウイルス感染拡大によりグループワーク運営については十分配慮して運営にあたり、外出困難な当事者等に対応したzoomオンラインを併用するハイブリット運用の試行事業を展開いたします。皆さまのご参加をお待ちしています。

※クリックで拡大表示されます。